注目キーワード

心の内を打ち明けよう!あなたにとって相談すべき人とは?悩みや本音を伝える人の見極め方☆本音を話そう☆


こんにちは☆

アッキーです。

今回は「自分の心の内を打ち明けよう」ということについてお伝えいたします。

自分の心の奥底にある本心やモヤモヤは、恥ずかしさや劣等感などからなかなか他人に打ち明けられないものです。しかしそれをそのまま閉じ込めていては、自分がとても苦しむことになってしまうのです。筆者のアッキーさんは、以前は悩みやネガティブ思考のプロと言っても過言ではないくらいの人間でした(笑)


今回のお話の結論

・相談することそのものに意味がある
 (助言やアドバイスよりも大切)
・相談すべき相手は信用信頼のある人のみ

 (間違った相手に相談すると不幸になる)



自分の性別やお仕事に関すること、過去のトラウマなど、心の奥底にあるモヤモヤや様々な悩みを抱えていらっしゃる方は、今回の記事を是非とも参考にしていただけたら幸いです。


~他人の力を上手に借りよう~

自分の心の奥底にあるモヤモヤや様々な悩みを誰かに話すことは、実は他人の力を上手に借りるということでもあり、とても良いことなのです。

悩みと聞けば「解決策」を導くものがたくさんありますが、他人に打ち明けるという行動はもっと大切なことがあるのです。

「他人に話す」という行動は、行動そのものに不安やストレスを取り除く効果がある。それがたった一度のわずかな時間だったとしても、他人に相談することにより、心が楽になる。

問題解決よりもまずは心の内や悩みを誰かに話すということに大きな意味がある。


「自分の悩みを相談できる人がいない」という人がいないという人も実際にはかなり多いのです。ある調査によれば、日本人の約半分の人が「自分の悩みを相談できない」「悩みを相談できる人がいない」というお話。


その理由は「他人に相談すると相手に対し心配をかけてしまうから相談しずらい」「本心や悩みの内容が恥ずかしくて相談できない(思い込み)」という日本人のとても悪い癖であり、自分自身でモヤモヤを抱え込んでしまうのです。

【心のモヤモヤや悩みは人間なら誰しもが持っているもの。しかしそのことを誰にも話せずに苦しい人生を送っている人も多いのです。特に日本人は他人に対し優しい人が多く、つい気を使ってしまったり、同調圧力から「悩みを打ち明けるのが恥ずかしい」と思い込んでしまいがち】




【悩みの話あるある】

・実は多くの人が同じ悩みを抱えている
・悩みは他人からすると大した話ではなかった
・他人に話したら心に安心感がうまれた
・他人に話したら問題がすぐに解決した

繰り返しお伝えしますが、悩みや心の内を誰かに話すだけでも心が楽になります。解決策よりもまずは誰かに話すことが大切なのです。

【同じ立場で心の奥底にある思いや悩みを抱えている人は世界中に五万といます。一人が思っていることは実はかなりの人が同じような悩みを抱えているということ】


※筆者のアッキーさんは、現在はLINE公式アカウントにて女装やAG、性に関することや、心のお悩みに関することをメッセージでやり取りしています。なかなかお時間が取れず、全ての方に返信できていない状況ではありますが、わたしにメッセージで思いを伝えてくださるだけでも良いのです。


それは、「自分の気持ちをアッキーさんに相談してスッキリした」ということでもありますから。それだけで心が少しは晴れるはずです。

【アッキーさんのLINE公式アカウントへの直接メッセージはもちろん、毎週日曜日に開催しているアッキーさんのライブでもチャットで様々な話を受け付けています。特にライブではたくさんの優しい視聴者さんが集まってくれているため、視聴者さん同士で暖かい言葉をかけてくださる方も多いのです。今後はそれぞれのお悩みや弱みをお互いに話し合うコーナーも企画予定☆】







~相談すべき相手を見極める~

自分の悩みを打ち明けられないのは、心の中に「恥ずかしい…」「変に思われたくない…」「情けない…」という気持ちがあるからこそなのです。

ではどんな人を相談相手にすべきなのか?ここはとても大切なことです。というのも、相談する相手や心の内を安易に話してはいけない人に話してしまうと不幸な道に歩んでしまうことになるからです。


【自分の心の内や悩みを話すべき人】

・あなたを普段からいつも大切にしてくれる人
・あなたのことをよく理解してくれている人
・あなたの描いている未来のビジョンに近い人
・あなたと同じ立場に立たされている人
・あなたの話を日頃からよく聞いてくれる人
・あなたと価値観がとても近い人



もちろん相談できる人が多いに越したことはないですが、まずは「この人なら相談できる」という人を最低でも一人は決めておくことをオススメします。


これは極端な例にはなりますが、たとえ友達が100人いたとしても、本当に困ったときに相談できる人が誰もいなければ、それは全く意味がありません。これはリアルではもちろん、SNS上でも全く同じことです。

【友達100人よりも親友1人という言葉通り。いくら知り合いが多くても自分の本音や心の内や悩みを話せる人がいなければ、その繋がりはほとんど意味がない。心を通わせることが出来る人がたった一人でもいればそれで十分なのです】



また、前述したように心の内や悩みを話すべきでない人に相談してしまうと、人生はほぼ確実に不幸に傾きます。ここでは、心の内や悩みを話すべきでない人の例をいくつかご紹介いたします。間違っても安易に心の内を話したり相談したりしないようにしましょう。


【心の内や悩みを話すべきでない人】

・知り合って間もない人
・すぐに連絡先を聞いてくる人
・一方的に話してばかりの人
・自分の価値観を押し付けてくる人
・こちらの価値観や生き方を否定する人
・学びや行動が弱い人
(学ばない・行動していない)
・愚痴や文句が多い人
・他人の悪口を言っている人
・「悩みを話して」と言ってくる人
・付き合いが浅く信用信頼がない人
・宗教団体(またはそのような集団)


このような人に安易に思いを伝えてしまうと…↓


・余計な助言などを押し付けてくる
・間違った解決策を話してくる
・本心を否定され逆にストレスが溜まる
・弱みに付け込みコントロールしようとしてくる
・人生のハンドルを他人に渡してしまう
(他人の人生を生きることになる)

【相談する相手を間違えると逆に嫌な時間を過ごすことになったり、その後の人生が地獄行きになるケースも珍しくない。自分の心の内を自然と素直に話せる人やちゃんと話を聞いてくれる人、信用できる人にだけ話そう。こちらの人生に他人が責任をとることは100%できません。筆者のアッキーさんも過去に相談すべきでない人に本心を打ち明け地獄を見ました】



※相談する相手を見極めることは、悩みを解決するための第一歩としてとても大切なものになります。これはもちろん家族や職場の人も含まれます。詳細については過去記事も参考にされてくださいませ☆↓

【相談する相手を見極めよう!】

https://plaza.rakuten.co.jp/akihoxpooh/diary/202006100000/






悩みを話せる人を作ろう! ~まとめ~

・他人に相談する行為は他人の力を借りる大切なこと
・解決策ではなくまずは相談をすることに意味がある
 (心がスッキリして前向きになる)
・自分と同じ悩みを抱えている人は五万といる
・相談できる人をしっかりと見極めることが大切
 (相談すべき相手を間違えると地獄行き)



今回は「心の内を打ち明けよう」ということについてお伝えをしました。

なかなか人には言えない本心があり、悩みがある。これは人として生きていれば当然のことです。自分で考えることは大切ですが、誰かに相談することはもっと大切な行動です。

人は悩みがあるからこそ、それがうまく解決できたときには自然と成長できていて、人生もより豊かになっていくのです。


自分が悩んでいることや隠していることの大半は、実は多くの人が同じように考えていたというのはよくあるお話。色々な悩みをため込まず、勇気を出して相談すべき人に心の内を打ち明けましょう。そこから自然と解決策に繋がるものです。

記事を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました☆


「この記事が良かった」「ためになった」と思っていただけたなら、こちらをポチっとしていただけるととても嬉しいです☆(^_-)-☆↓


にほんブログ村




最新情報をチェック!
>【アッキーさんへの応援費について】

【アッキーさんへの応援費について】

筆者のアッキーさんは視聴者さんにお届けできるオリジナル商品がありません。アッキーさんを応援してくださる方は、「アッキーさんのおすすめ商品」を購入するか、記事内にある通販サイト(Amazon・楽天等)から何かお買い物をされると、アッキーさんへの応援費(運営費)をアフィリエイトとして自動的に送り込むことができます。YouTube動画作成や記事作成の大きな励みにもなりますので、応援をよろしくお願いします☆

CTR IMG
PAGE TOP