注目キーワード
AGは恥ずかしいことではありません。自分を満たしてあげよう!                  自分の心の声に従うことで自分にも他人にも優しくできます☆            自分の心が喜ぶことを積極的に行いましょう☆(\'ω\')ノ

「本当はしなくていいこと」を手放して楽に生きよう☆それは本当にしなければならないこと?



pooh

最近、毎日の朝活に朝散歩!ブログの更新も続けているよ、このまま継続させていきたいな~☆

アッキー

おぉ、素敵なことを継続させているネ~!でも、継続よりもっと大切なことに最近気付いたよ(*’ω’*)

pooh

え、どういうこと…?そういえば、アッキーさんは毎日の行動が最近変わっているような。

アッキー

自分の中で「本当に大切なもの」を書き出して仕分けたんだ。その結果、心の整理もできてスッキリしたよ。

今回は「本当はやらなくてよいこと」についてお伝えするね。







「本当はしなくていいこと」に追われる理由


わたしたちは、いつの間にか無意識に「しなければならないこと」に追われていたり、それがいつの間にか習慣になっていることが見受けられます。

でも、それは果たして本当に「しなければならないこと」なのでしょうか?これは別の視点から見ると、「本当はしなくていいこと」というお話でもあるのです。

世の中には数えきれないくらいの「しなければならないこと」が溢れかえっています。特に現代のネット・テレビ・各SNS等では「~をしないといけない」というお話ばかりがたくさん飛び交っています。

どうしてこのような状況になっているのか…?




【しなければならないことに追われる理由】


・情報があまりにも多すぎるため
・心の底に未来の恐怖や不安があるため
・「今のままではだめだ」という自己否定感
・他人に合わせようとするため

・暇な時間を「勿体ない」と思うため





現代風に言うと、「ヤバい」という言葉が関係しています。

「結婚しないとヤバい…」「ダイエットしないとヤバい…」「社会や他人に認められないとヤバい…」というように、「~しないと将来ヤバい」という話がまさにそうです。

【情報が多すぎるからこそ、いつの間にか「本当はしなくていいこと」に追われている状況になる。特に未来の不安や恐怖を煽る情報・「今のままではだめだ…」という情報をたくさん仕入れてしまうほどに「しなくてはならない…」という状況になりやすい】




アッキー

筆者のアッキーさんは、これまでにたくさんの「本当はしなくていいこと」に振り回されていた経験をしました。しかし、その全ての原因は自分自身の心にありました。

今回の記事では、「本当は別にしなくていいこと」を見極め、もっと気楽に生きるための人生に活用していただけたら幸いです。




しなければならないことに振り回されないコツ



「~しなければならない…」「ヤバい…」という状況になる最も大きな原因は、情報が多すぎるからなのです。

このような状況にならないための具体的な行動は以下の通りです。



・自分に必要のない情報は遮断する
(興味がない・つまらない・暗い情報など)
・自分の価値観を第一にして大切にする
・他者に合わせずマイペースで生きる

(結局はどうにかなる)


アッキー

仕入れる情報を厳選し、自分の価値観を大切にしてマイペースで生きることで、「本当はやらなくていいこと」が自然と見えてきます。

前述したように、自分に関係のない情報を見る&聞くことそのものが「しなければならない」に関係する事の始まりです。時間の無駄+心の疲労になるだけなので、素直に遮断しましょう。





【わたしたちは「今」に生きている。自分の未来は自分で切り開くもの。外部からの情報や他人の価値観に合わせず、マイペースで生きることで「しなければならない…」という状況から自然と切り離されて楽になる】




また、「しないことリスト」を作成して現在の自分と照らし合わせるのもおススメです。

今現在に「継続していること」や「毎日やっていること」があるとすれば、それは自分にとって本当に大切なものなのか分析してみましょう。

この時に最も大切なポイントとなるのは以下の通りです。




【本当はしなくていいことの判断基準】

疲れた体を癒したい!】リラックスできる最高な休日の過ごし方15選 | PRIME


・心から楽しいことかどうか
・自分の描いている未来に関係しているかどうか
(未来のビジョン)
・自分に無理や我慢をしていないか



アッキー

これらに共通しているのは「自分の本心」です。自分の心の声を第一に考えることで、「本当はしなくていいこと」が自然と見えてきます。





【しないことリストを作成して、週末や月末に定期的に見直すのも超おススメ。自分の本心に従い、ここ最近の自分の行動に全て当てはめてみよう】




アッキーさんおススメの「しないこと」(やめたこと)



筆者のアッキーさんは、これまでにたくさんの「しなければならないこと」や「無駄だったこと・意味のなかった行動」を経験しました。

しかし「本当はしなくていいんだ」という気付きを得て、それを基準に「しないこと」や「やめたこと」をした結果、心がものすごく楽になりました。肩の荷が下りたものもありました。

あくまでも私個人の経験と思いではありますが、ご紹介いたします。参考にしていただけたら幸いです。





①感情を無視していた
(我慢・自己犠牲)

時代はIQからEQへ……。心の知能指数「EQ」って何?


これは一言で言うと「自分の本音を無視しない」ということです。例えば、本当は嫌なことや嫌な人なのに、無理して行動したり、話に乗ったり、誘いに無理して付き合ったり。

人間は「喜怒哀楽」がある感情の生き物であり、それが自分の本心でもあるのです。本心に逆らい我慢までして生きると、いつか自分が壊れます。

感情を無視せずに自分の心の声に従った結果、気持ちがすごく楽になり、生きやすくなりました。


アッキー

自分の感情を無視していた原因は、「自己犠牲精神」や「他人からよく見られたい」という思いがあったからです。

また、自分が心の底から「やだな…聞きたくない」という情報を無意識に取り入れていました。

・テレビのどうでもいい情報
・ネットのどうでもいい情報
・他人のどうでもいい情報
(TwitterやFacebookの発信)

※「どうでもいい」=ネガティブなこと・自慢の発言・ウソの情報など






②物や人を抱えすぎていた
(持ち物・人間関係)



自分の身の回りの持ち物が多かったことや、多くの人と人間関係を築いていたこともやめました。

「あれもこれも…」と持ち物が多いと維持費もかかるし、管理にも気を使う。

「友達は多い方が…」と人間関係が多くなるほど、逆に様々な悩みを抱えることになる。

これらをやめた結果、一気に楽になりました。


アッキー

持ち物が多かった原因は「仕事のストレス」「心配症」でした。

また心の寂しさから「自分を癒してくれる友達を増やそう…」と出会いイベントに参加し、ムダな人脈作り、結果的にはほとんどがムダな時間&浪費となりました。

のちに危険な人間との出会いもあり、最終的にはプチ詐欺にも遭いました(笑)






③自分を大きく見せていた
(劣等感・恥ずかしさ)



人は「自分の恥ずかしい部分を見せたくない」という思いから、つい自分のことを大きく見せようとしたり、自慢の発言をしてしまいがちです。これには「劣等感」や「プライド」も大きく関係しています。

しかし本当の自分を隠し自分を大きく見せるほどに、本来の自分からどんどん遠ざかり、ますます生き辛い人生となってしまいます。

分からないことは素直に分からないと言える。自分の現在の状況を素直に話す。こういった行動をとることが出来る人の方が、逆に周囲から好かれる傾向にあります。


アッキー

自分を大きく見せようとするほど、逆に他人から反感や妬みを持たれるケースも多いのです。(結果ますます苦しくなる)

これは、各SNSではよくあることです。(キラキラの部分だけを魅せる)アッキーさんもユーチューブを始めた頃は、しばらくの間こういった辛い経験をしました。

自分のネガティブな部分(と思っている部分)も素直に公開することで、逆にすごく生きやすくなりましたし、応援してくださる方との出会いもありました。





④他人に合わせていた
(孤独・恐怖感)

周りから見下される人の特徴5つ | WORKPORT+


恐怖心や孤独感から、他人の考えや世間の評価ばかりに合わせて行動するほど、自分の人生を取り上げられ、辛くなります。例えば「結婚」や「就職」「持ち家」「お金持ち」など。

他人・世間よりも、まずは「自分はどうしたいのか」「本当に大切なものは何か」を大事にすることで、他人に合わせる必要がなくなって楽になります。

自分の価値観を大切にすることで、他人に合わせる思いも自然と薄れて自然と楽になります。


アッキー

「他人は他人」であり、「価値観は人それぞれである」ということ。

100人いたら100通りの考えがあります。

アッキーさんが大切にしている「女装」・「プーさん」・「ゲーム」を軸にして生きるほど、どんどん楽になりました。

ちなみに、心のエゴから作られる価値は「偽物の幸せ」とも言われています。

エゴの価値一例…お金・地位・名誉・美しい容姿・承認欲求(認められたい)






⑤何かのためにしていた



何かをするときは「何の役に立つか」ではなく、「それ自体が楽しいことかどうか」が大切。「結果よりもまずその過程を楽しむこと」が大事なのです。

楽しく夢中になってできるものは自然と継続できるし、どんな結果であれ「楽しかったからいっか!」と思えます。

逆に、何かのために今をずっと犠牲にしたり、誰かのために自分を犠牲にする行為は非常に危険です。「未来のために辛いけど今を…」「苦労の後にいつか幸せ」という考えで耐えて生きていると、その時はもちろん、望んでいた結果が手に入らなかった時にさらに辛くなります。(結果疲れてやめる)

「何かのために…」「将来のために…」「誰かのために…」という思いで行動せず、まず「その過程を楽しむこと」で結果も気にならなくなります。


アッキー

楽しくなければ続かないし、結果ばかり追い求めてしまう。しかも結果が悪かった時、すごく辛くなります。これはアッキーさんがユーチューブにデビューしてからしばらくはこんなやり方でした。(とても辛かった)

また、「あの人が喜んでくれるなら…」と自分のやりたくないことをしていた時期もありました。

このことに気付き、自分の楽しさを追い求めて行動した結果、すごく楽に生きることが出来ました。





【その他…】(やめたこと)



・空き時間にすぐスマホを見る
・知らない人からの電話に反応
・毎日の読書
(行動しないと意味がない)
・時間にキッチリ動く
・早朝からの学びや発信
・ムダなボランティア活動
・すぐに連絡先を教える
・他人を気軽にフォローする


仕事にいきたくない・・そんな時にすべき行動 / ちのろぐ

【それをしているときの自分が楽しいかどうか?行動したその先にあるものは?それを明確にすることで、本当はしなくていいことが自然と見えてくる。自分の一週間の全ての行動を一つ一つチェックしてみよう】





今回のお話のまとめ

【本当はしなくていいことに振り回される理由】
・情報があまりにも多すぎる
・自己否定感


【しなくていいことの基準】
①楽しいことかどうか
②未来のビジョンに関係しているか
③自分に無理していないか


【アッキーさんのおススメ行動
(本当はしなくていいこと)

・感情を無視すること
・多くの持ち物を保有すること
・多くの人間関係を築くこと
・自分を大きく見せること
・何かのためにすること




pooh

そっかぁ、最近どうりで毎日ニコニコしていると思ったよ。

アッキーさんは「自分にとって楽しいこと」を重要視して行動しているんだね。

アッキー

そうそう、「心から楽しいこと」のほか、「自分の目の前の問題に関係していること」だけを厳選した結果、自然とムダな行動が減り、気持ちがすごく楽になったよ。

どうでもいい情報を取り入れていた最大の原因は、スマホにあったね。フォローしている人たちからの情報がたくさん入ってきてたから…(^_^;)

今はもう、FacebookやTwitterはほとんど見ていないネ~。各通知も全てオフにしてる。

pooh

たしかに、余計な情報を見なければ、それに気がいくことは絶対にないからネ~。僕もテレビやネット情報含め、自分に関係のないものは全て遮断しているよ。

やっぱりのんびりが一番だネ☆

アッキー

空いた時間を運動や性欲発散に回したら、ますます気分が良くなったよ☆

そろそろ、配達のお仕事でも楽しくやろうかな~☆(*’ω’*)

pooh

僕もブログの更新はぼちぼちにして、のんびりとお出かけしようかな(^^♪





【今回の記事に関連した本】




記事を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました☆




「この記事が良かった」「ためになった」と思っていただけたなら、こちらをポチっとしていただけるととても嬉しいです☆(^_-)-☆↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ
にほんブログ村



Follow me!

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP