注目キーワード

女装すると興奮して勃起してしまう!?AG(オートガイネフィリア)さんにはよくある話なのです☆








pooh

AGさんは疑似女性化することでドキドキしちゃうんだネ☆

僕も女装に興味はあるけど、そこまではならないかな
(^_^;)

アッキー

アッキーさんも女装初期の頃は、ストッキングを履く前から興奮しすぎて下半身が元気になっていたなぁ…(;’∀’)

もう、かなりのドキドキものだったよ☆(;^ω^)

pooh

女性用の下履きそのものに興奮状態だったんだネ!

AGさんにはよくあるお話ではあるよね☆

アッキー

今回は、女装するとつい興奮してしまう理由についてお伝えするネ☆





なぜ疑似女性化して興奮する?


AG(オートガイネフィリア)とは、自身が疑似的に女性化することにより興奮すること。これは以前の記事でもお伝えしおります。


では、どうして疑似的に女性化することで興奮し、そのまま下半身が元気になってしまうのでしょうか?


それは、女性用の洋服や靴に特別な憧れを持っているからです。


もっと言えば、「異性(女性)の体そのものに特別な憧れがある」ということもいえます。



女性用の洋服や靴は、女性の身体に合わせて作られたものであり、自分にないもの。しかしAGは基本的に自身を「男性である」という自覚があります。

そこの差に性的な興奮を感じてしまうのです。

「女性 下着」の画像検索結果

【多くのAGは女性用品(特に衣類)を含め「自分にない性である」ということに大きな魅力を感じている。「女性用だから」というライン引きがされていることも興奮要素の一つになっている】






アッキー

アッキーさんは学生時代の頃から、ストッキングやタイツにものすごく興奮していました。

その理由は、「男性の自分にはないとても美しい履物であり、男性用がない」という思いがあったからです。

当時はストッキングやタイツのパッケージを手にすること自体、恐ろしくて出来なかったほど…
(;^ω^)

それほど興奮しすぎていたのでしょう。




また、「疑似的に女性化することはいけないこと…」という思い込みも性的な興奮要素をより高めています。

別に疑似的に女性化することは悪いことでも何でもありません。にも関わらず「やってはいけないこと」と思い込んでしまうのは、「恥ずかしさ」も関係しています。


【男性が女性の格好をすること=恥ずかしいという思い込みも性的興奮要素を高めている。男性の視点からすると「スカートやストッキング・ハイヒールは異性のものであるから本当は身に付けてはいけない…」という思い込みも興奮要素の一つになっている】



アッキー

筆者のアッキーさんも女装初期の頃は女装することをいけないことだと思っていました。

そこに性的な興奮を感じてしまい、いつも下半身が元気になっていました。

 



【女装そのものの話は日本の文化も大きく関係している。現在の日本は、性別に関わらずスカートやストッキングを履く文化がない。そこに「憧れ」や「やってはいけないことだ」と感じてしまうのはごく自然なことでもある】





AGと一般男性との視線の違い



この写真を見てどう感じるでしょうか?

多くの一般男性が抱いている思いと、AGが抱いている思いには大きな違いがあります。



【一般男性の場合】

・性欲が刺激されムラムラする
・距離を近づけたい
・性行為をしてみたい


【AGの場合】

・性欲が刺激されムラムラする
・自分もその洋服を着たい
(同じ格好をしてドキドキしたい)
・自分もそうなりたい
・この女性になって襲われたい





一般男性とAGさんとの大きな違いは、やはり「自己女性化」です。

一般男性は目線が自分に置かれているのに対し、AGさんは相手(女性)目線になっています。

【AGさんは写真のような女性になって自らエッチなことをしてみたい・誰かに犯されたいという思いもある。ミニスカートやストッキングは女性ならではアイテムなのも、性欲を増進させるものに繋がっている】




アッキー

「性的興奮を得てドキドキする」というのは同じですが、AGさんは「自分もそうなりたい」という思いがあります。

筆者のアッキーさんも性欲が満たされると同時に「羨ましい…自分もそうなりたい」という特別な気持ちが湧いてきます☆




※「オートガイネフィリア診断」で自分のAG度を確かめることもできます。こちらも是非ご活用くださいませ☆↓





女装すると勃起してしまう!? ~まとめ~



【女装すると興奮する理由】

・女性用の洋服や靴に憧れを持っている
・異性(女性)の体そのものに憧れがある
・疑似的に女性化することはいけないことと思い込んでいる

【AGさんと一般男性の違い】

・性興奮が自分か相手目線かどうか
(性的興奮を得るのは同じ)





pooh

今回の記事で気付いたんだけど、「女装は世の中に普及していない」というところが大きなポイントになっているネ。

アッキー

とても大切なところに気付いたネ!

自己女性化はマイノリティであるからこそ、性的興奮を得る要素にもなっている。

逆を言えば、「自己女性化」が世の中に普及されて当たり前になったら、性的興奮は薄れてしまう可能性も十分に考えられるネ☆

pooh

人は「やってはいけない」というところをつい覗いてしまいがちになるからなぁ…

これから時代が大きく変わることに比例し、常識の線も大きく変わってくるよね☆

アッキー

自己女性化して興奮してしまうお話は、本当に色々とありすぎて奥が深すぎる話だよ。

自慰行為のお話も含め、これからも色々と発信していくから、楽しみにしておいてね☆








記事を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました☆




「この記事が良かった」「ためになった」と思っていただけたなら、こちらをポチっとしていただけるととても嬉しいです☆(^_-)-☆↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ
にほんブログ村

最新情報をチェック!
>【アッキーさんへの応援費について】

【アッキーさんへの応援費について】

筆者のアッキーさんは視聴者さんにお届けできるオリジナル商品がありません。アッキーさんを応援してくださる方は、「アッキーさんのおすすめ商品」を購入するか、記事内にある通販サイト(Amazon・楽天等)から何かお買い物をされると、アッキーさんへの応援費(運営費)をアフィリエイトとして自動的に送り込むことができます。YouTube動画作成や記事作成の大きな励みにもなりますので、応援をよろしくお願いします☆

CTR IMG
PAGE TOP